スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍艦島へ。



先日、長崎の 軍艦島へ行ってきました。

朝、くもっていて 雨も少し降っていたが、
予約していた船は、出ました。

船、揺れた(・_・;)



軍艦島1。   

長崎港から船に乗り、30~40分ほどで島が見えてきます。
軍艦のようなかたち。

周囲 約1.2kmの島に、かつては5300人が住んでいたという
炭鉱の島です。

学校・病院・商店・娯楽施設・神社・・・
なんでもそろっていたけれど、
火葬場とお墓は なかったらしい。


軍艦島3。  


立ち入れる歩道は 一部なんですけれど、
どこもかしこも すべて人が住んでいた跡が あふれかえっています。


人が住んでいた当時は、 緑がまったくなく、
植物は 建物の屋上で教育のために少しばかり育てられていたのでした。


今は、風や鳥が運んできた植物が自生しています。


軍艦島5。 


エネルギーの需要が変化し、1974年に炭鉱が閉山。
それから約3ヶ月ですべての人々は島を離れました。



1916(大正5)年に建てられた日本初の鉄筋アパートは まだかたちを残していて、
その中には
あわただしく島を離れた人たちの家具・家電・生活の跡が残っている。


軍艦島4 


未来と過去を、一度に見ているような

ふしぎな気持ちでした。



軍艦島2-2 


人が見つけ 人がつくった島は、

夢のあと。



クリックしてね!




 




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。