スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬とおりょうが旅した、塩浸温泉。



5月のある日、朝 T氏に「おい、行くぞ~い!」と起こされて、行きました。
塩浸温泉龍馬公園。

・・・思えば、学生の頃に「竜馬が行く」を読んでから 続いている私の幕末巡り旅・・・
京都の寺田屋・高知城・長崎の亀山社中など、
いろいろ行ったし あれこれ読んだ。


で 今回、今まで行った事がなかった霧島の塩浸温泉へ。

車をびゅんびゅん飛ばして、到着♪

坂本龍馬が、妻おりょうと旅した温泉地です。

塩浸温泉 

鹿児島県 霧島市。

山間の温泉郷の中のひとつが 塩浸温泉。

きれいな川が流れている。


塩浸温泉 3 


川沿いには、江戸時代からある最古の湯船。

塩浸温泉 4

四角いところが 湯船。

炭酸水素塩泉で、傷や胃腸病に効能があるらしい。


私たちは、無料の足湯だけを たっぷり堪能( *´艸`)

あつい・・・と言いつつ 足が真っ赤になるまで 浸る。


2人の像も建っていた。

塩浸温泉 2 

「おりょう、わしゃ たのしいぜよ」
「うふ・・うちも たのしおす」

と言っていたかどうかは 知らん。






「龍馬とおりょう来訪時からの石段」
塩浸温泉 5 

愛あい坂、と書いてあった・・
けっこう急やし 足場も不安定で、びびりながらのぼっておりた(^-^;



資料館「この世の外」というのにに入ってみた。


“実にこの世の外かと思われ候ほどの めずらしき所なり”
と 龍馬は乙女姉さんに書いて送ったんだとさ。


手紙やブーツやピストールなどが展示してあり、
写真用のパネルと 着物もある♪



資料館の人から、
「この着物は、大河ドラマ龍馬伝で 福山さんが着ていたものですよ~」と言われ、
T氏に 着とけ!と すすめる私。



T氏。 
モザイク入れるからブログに載せてもいい?? と聞くと、
そんなもん要らん、そのまま載せてくれ。
って言うんで 載せてみましょ。

・・・武士!?


格闘家ばりの首の太さ・・こわそうなメガネに無精ヒゲ姿でハンチング・・・
だけど こころは龍馬。

S&Wを隠し持っている雰囲気をイメージして強張っているT氏であった。



本日も 宵待ち処へのご訪問、ありがとうございました。
レシピブログに参加しています。

↑↑↑
応援クリック、よろしくお願いします!
 

 
↑↑↑
こちらもひとつ、クリックよろしくお願いします!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。