スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

干し筍のきんぴら/たかと餅




気付かないふりを決め込もうと試みてみたが・・・ムリやった。
風邪。

毎年 懲りずに、よくひくもんだ風邪。

負のオーラを、誰もいない部屋にちょいと撒き散らして・・・なおった。 

餅とか食べて、もっと ちから出そう~

まず、
干し筍の、きんぴら。
干し筍 きんぴら 


干し筍って、これ

干し筍 

その硬さ・・・凶器。


一晩ほど水で戻して、切ってから さっとゆがいて使った。

ごま油で炒めて、酒・醤油・みりん・きび砂糖で調味。


これ、大好き♪
わたしも、夫のT氏も。

お弁当にも、よい◎

干し筍 きんぴら 2 





たかともち。
鏡開き、今年は ぜんざいはつくらなかった。
たかともち

大根おろしに、鏡餅に飾っていた橙を ぎゅぎゅっと搾って、
醤油を適量入れて、
茹でた餅を投入。

好みで一味唐辛子など ふる。



子どもの頃から好きな餅の食べ方で、
わたしの実家では 「たかと餅」と言って毎年食べていたけれど、
その由来や 本当の名前(?)は、知らん。





冬の あじさい 





本日も 宵待ち処へのご訪問、ありがとうございました。
レシピブログに参加しています。

↑↑↑
応援クリック、よろしくお願いします!
 


 
↑↑↑
こちらもひとつ、クリックよろしくお願いします! 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。