たび。

日奈久温泉。




今年の まだ寒かった2月の終わり、
日奈久温泉に行きました。


温泉付きの部屋に素泊まりという、気ままな楽しみ方で、
散歩しながら買ってきた日奈久竹輪を
部屋で のんびりかじった。

ここには泊まっていないが↓ 立派なので写真撮った。


日奈久1



てくてく歩くと、

山頭火が いくつもありました。


日奈久2 



日奈久4




日奈久3 



おとなり熊本へは、年に何度もドライブに行きます。
とくに南阿蘇は 思い出深い地であります。


夫のT氏は、数年ほど熊本に住んでいたらしく、
とてもくわしく 色んな所へ連れて行ってくれました。


だいすきな地の災害に こころがいたみます。


日々の暮らしとは、ほんとうに ありがたきしあわせ。


ひかりさすことを願い、自分も がんばりたい。







スポンサーサイト

百済の里。




このところ、野菜をいただくことが多く、
ありがたきしあわせです。

春菊・大根・かぶ・レタスなど いろいろ。

採れたて土付きの みずみずしい野菜は、
ほんとうに おいしいですね♪



かぶと、きゅうり。

かぶきゅうり


かぶは 薄くスライスして さっと水にさらすだけ、
炒った塩を ひとつまみパラリと振って、
もりもり食べるのが いっとう好きだ。








天気のよかった日に ドライブ、
美郷町南郷区の 百済の里へ行ってきた。

前にも行ったことはあるけれど、
月日が経つと また違うところが見えたりで たのしめますね。


百済の館

百済1 


山の奥に、わりとひっそりあります。

八世紀頃に 百済から亡命してきた王の伝説が残っています。



百済2 


地面や塀にも装飾がされていて、

きれいでありました。




チマチョゴリの試着も出来るという事で、
「背が高いので これを!」と すすめられ 紺色を着てみた♪

完全なる すっぴん姿であったが、
必死のおめかし顔で写真撮って、
いい思い出◎





西の正倉院

百済3 

奈良の正倉院と同じに造られている。

この地に大事に残されていた鏡が、
奈良正倉院のものと同一だったらしい。

かなり大きな建物の中には、
たくさんの宝ものが もりだくさん展示されています。


前に訪れた時よりも いろいろとおもしろく感じられた。


久しぶりに訪れた場所や
久しぶりに観た映画や
久しぶりに読んでみた本とかって、

自分の変化が ちょいと見えて、興味深いね。



クリックしてね!





わたりどり。




少し前の 寒い日に、ドライブ。

なんとなく あてもなく走って、鶴の渡来地という看板を見かけ・・・


行ってみた。


鹿児島県の 出水市です。



つる1



そして、
T氏と めっちゃ感動して、


行ってみてよかったねー!ってなりました。

鶴、とっても美しかったのです。


つる2 


1万羽以上も渡来して、冬の間 滞在しているらしい。


アッカ隊長~!って大きな声で言ってしまいそうでした。

鶴ではないけれど、
わたしにとって、やはり 渡り鳥と言えば・・・
ニルス・モルガン アッカ隊長。

カモーン ニルス、旅に出かけよう!というイメージです。




つる3 


しかし鶴って、本当に きれいであった。

たくさんいて、なんか いいことありそうやね~って
T氏と笑えた。

よい日、ありがたきしあわせな日。











うのこの滝。




五ヶ瀬ワイナリーの辺りの風景が好きなので、ときおり行きます。
ワイナリーでは、無料で試飲したり 100円で試飲したり、

直売所で 野菜や かりんとうを買ったり。

T氏には申し訳ないが、わたしだけワインいただいて 
運転はおまかせです。

そのドライブ中に見つけて 行ってみました。

うのこの滝。
(鵜の子の滝)

五ヶ瀬町の三ヶ所川にある、滝壺が大きな滝であります。



うのこ1


展望所もあるらしいのですが、

偶然に見つけた入り口は、滝壺の方へ降りてゆく下り道だった。


まずは、椎茸を育てる原木がたくさん並んでいる。

うのこ2 





けっこう急な下り階段を、もりもり降りて行く・・・

帰りには ここを上るのか・・?と不安をおぼえながらも、

えいやっ、っと降りる。



うのこ3 


気持ちよいし、植物が ほんとうにうつくしい。


ちょいと天気もいいモードで、汗だく。


下ばかり見てしまい、いかんいかんと顔をあげると・・・滝が見えた。


うのこ4 


湖のように大きな滝壺の水際。

プテラノドンが ひとやすみしてそうな雰囲気。


うのこ5 



そして辿り着いた。

オーブだらけの写真がたくさん撮れていた・・


うのこ6 


T氏は、わたしより数倍汗だく。

帰りの上りは、ゆぅーっくり無言で階段や坂道を てくてく歩きました。


いいとこ見つけたーって思いました。

水の色や森などが 太古のような風景で、
とても おすすめな場所であります。








坂元棚田。




6月、梅雨のさなかの 曇り空の日、

日南市の坂元棚田へ、ぶーんとドライブして行ってみました。

田植えをしたばかりの棚田。


かなりの曇り空っぷりで、写真も くもりまくっていますね。




棚田 1


上のほうから てくてくと歩いてみたり。


棚田 2 

水や植物を眺めてみたり。

棚田 3 

息を深く吸ってみたりした。

棚田 4 



少し離れて見ると・・・
山の斜面に棚田が広がっています。


棚田 5 



ひぐらしが、どこへ行ってもついてきました。

棚田 6 


紫陽花、たくさん きれいに咲いておりました。


棚田 7 











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。